2011/07/26

写真

例えば10人の前に写真を披露した時、10人が10人「キレイだね」と言われるのは勿論嬉しい。その快感は確かにあるし、次のエネルギーになる。一方で、10人中9人が無反応の中、一人でも私の写真を前に涙を流したり、立ち尽くしたり興奮してよく分からない言葉を羅列して感想を伝えてきてくれる事がたまにある。その事が自身にもたらす影響は計り知る事が出来ないほど大きいものだったりする。どっちが良いとか悪いではなく、当たり前のように両方が大切。それを分かった上で、今は、後者を大切にしていきたいと思う。そこを突き抜けた時に、圧倒的な普遍性に辿り着けるのだろうか。「普通」の事。それは日々のささやかな優しさとか、愛しい人と共にいれる事の喜びや感謝、儚さだったりすると思う。その事を紡いでいきたい。

なんつって。

2011/07/23

中央線の車窓から〜

























中央線の鈍行列車の車窓。塩山近く。ここまで来るとあちらこちらが山山山。特急も勿論好きだけど、「お金は無いが、時間はある」状態の時には鈍行が一番。
ボックスシートもいいけど、普通座席に座って、向いのシート越しの車窓に見える風景が結構好きだったりする。雲だらけの中に青空がちらりと見えたり隠れたりに静かに一人一喜一憂しながら、お気に入りの一曲を選択して聞いてみるが、もうこの時点では目の前に迫った、待ちに待った山への高揚で曲が入ってこない。イヤホンをはずし、そわそわしながら車窓の外に何とか青空が広がって行くような兆候を見つけようとこっそり必死になりながら、一方で「ガスったり、雨の景色もまた良しか」等と、どんな写真が撮れるだろうか、どんな景色に出会えるだろうかと妄想登山撮影会が始まる。カメラを取り出しフィルムを装填し、来るべきその時に向けてわずかな準備も完了。まもなく到着という頃になり、靴を履く。
車や特急には無い時間の流れ方。お金があって時間がなくても、時間を作って、しばらくはこんな具合で山に向かいたい。

2011/07/17

白駒池3(パクリ)



ソロ小屋泊登山デビュー。
場所は北八ヶ岳。

詳細はまた後ほど書くつもりですが、とりあえず写真一枚載せときます。
疲れた。でも、とても楽しかった。

2011/07/12

白駒池2










カラスが、かっこいい。山だからか? それとも、写真がいいのか?! その前に、カラス見つけられました?

2011/07/10

LITE「For All The Innocence」

こんにちは。はかせです。

久々に投稿します。
LITEが新譜を出しました。
その感想と言うか、それをきっかけにLITEについて書きました。
簡単な文章ですけど。。。
良かったら読んでくださいな。

http://hakase-miracles.blogspot.com/2011/07/for-all-innocence.html

2011/07/09

ランプ

Untitled by shunsei.M
Untitled, a photo by shunsei.M on Flickr.

高見石小屋にて。ランプ小屋って始めてでしたが、いいもんです。憧れてて、なかなかタイミングが合わずに行けずにいたのですが、ひょっこり行けました。結構冷え込んで暖炉の前でうとうとしながらランプの明かりがさらに眠気を誘ってくる。小屋の台所から聞こえてくる片付けの音も消えて、暖炉の中で燃える薪の音と、外の風の音だけ。神聖な時間。癖になる。

2011/07/07

白駒池







Untitled by shunsei.M
Untitled, a photo by shunsei.M on Flickr.
ここは何度か訪れている。去年の5月に社長と佐藤くんとコッシーの4人で残雪を歩いたのが最初。その時は渋の湯に着いたとたん雪が降り始めた。その後夏に一人で縦走した時に立寄り、そして今年1月に再び社長と。その時は写真のに写っている白駒池のほとりでキャンプした。そして今回が4回目。多いのか少ないのかはよく分からないが、毎回「すげぇ・・・。」と思い、そしてそのままそれだけを口に出している。

そして、やはり毎回感じるのは、帰ってきてからこうして写真にして見ていて「本当にそこにいたのか。」という不思議な感覚。確かに居たから写真に収めているわけなので、疑う余地は無いはずだが、その時見ていたものと、写真になったものがやはり微妙に、決定的に違う。しかも、帰って直後と、時間を空けて見ると同じ写真でも何か違って見えてくる。
体験は薄れて記憶もおぼろげになっていくが、写真だけはよほどの時間の経過(数十年)や圧倒的な喪失(燃えたり」が無ければ、基本的にずっとそのまま。写真体験が勝り始めるとき、そこに写真の強さがると思っている。一方、デジタルカメラやSNSなどが普及した事で、先述のそれとは相反するようなスピードで消費されていく写真もたくさんある。

だから何?って事なんですが、一枚の写真に対して時間(と、お金)をかけるという事は、被写体について、写真について、それに付随するあらゆる事についてちゃんと時間をかけて考えたり思ったり出来るという事。そこを端折ってはどうにも前に進めないのがどうも私の性分のようでございます。その場は軽快なスピードでサクサク更新削除を繰り返して進んでいるようでも、ずっとそこにしかいれない気がしちゃうんですね。
それだけは嫌だから、ちゃんと全部見て時間かかってもしっかり前に進んでいければいいなと思うのです。

2011/07/01

flickr より

Untitled by David Roethlisberger
Untitled, a photo by David Roethlisberger on Flickr.
この感じ、憧れてしまう。学生の頃、「smoking_wander」というタイトルのHPを作っていたのですが、まさにこんなイメージ


自身にとって、写真を撮る事がどういう事なのか、写真の先にあるものが、山に行くようになっておぼろげに見えてきた気がする。