2012/12/30

偉大なる先輩達

いわゆる、年の瀬。今年一で泥酔しました。
過去振り返っても最高級の忘年会しちゃいました。

一応、今年を振り返ってみて、「偉大な先輩達」との出会い、に尽きるのです。

エイスケさん、ルーカス、社長、ノマ先輩、マサシさん、興津兄貴、大島さん、篠塚さん、山内くん、今井さん、後藤ちゃん、後藤さん、じゅんさん・ヨーコさん、、嶋田兄弟、ジェットさん、マンブーさん、ハカセ、ヤッチ、さや姉、山田。
名前をあげだしたらきりがないので、酔っているのでとりあえず一区切り(苦笑)
ごめんなさい。

つまり、今出会ってる全ての人なんだけども、とにかく、最高なんです。

なので、前言撤回!

このブログ(松・山倶楽部)はどんな形であれ、「場所」として存続させます!

という事で、今年も一年、本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

(※注:完全に今酔っぱらってます。ありがとうございます。)



「松・山倶楽部」主宰:松山舜聖


2012/12/04

師走

師走。年末です。店内ではクリスマスソングが流れ始め、プレゼント商戦の幕開け。
不景気不景気と言われる中、みんな本当によくモノを買うな〜と、、、。

まあ、そんな事はどうでも良いいのですが、11月中頃から色々一気に動き始め、来年1月中旬頃にかけて一気に生活が変わって行く事になりそう。

10月頃までのあの停滞感やら焦燥感やらなんやらと、とにかくよろしくない方向のスパイラルの底辺にいたような感じが、ふと一気に上昇気流に乗って雲の上に出そうな感覚。

耐えて溜めて、もうどうにもなんなくなって「ウォー!」って動いたら一気に動き始めた。まあ、どんなにしんどくても、ぞれがずっと続く事は無いってのは経験上分かってたし、何か動き始めるための布石とも思ってはいたけど、ここまでとは。面白い。人生を大きく見て、いわゆる「次のステージ」に入っていくんだな、と。


このブログを始めたのが震災直後。「松・山倶楽部」を言い始めたのはもうちょっと前。
最初は山に行きたい人を誘って、実際に連れてって、まずは山歩きの楽しさを知ってもらうため、「楽しい山歩き」を掲げて、連れてくときは、しんどくなりそうな事(悪天候時や6〜8時間行動など)は極力さけてきた。一方で社長と行く時(連れてってもらう時)は2月の八ヶ岳で結構吹雪いたり、8時間歩いて下山時、あともう少しのところで足が立たなくなったり、自分なりに結構タフ気味な山歩きもさせて貰ってた。その度に身を持って勉強させてもらった。自分のレベルがわずかながらでもあがった気になった。多分実際、あがったと思う。
楽しいとか気持ち良いってのはとっても大事なんですが、山ってそれだけじゃなくて、そうじゃない部分もしっかり伝えて行かなきゃいけないなと思った。
ちゃんと自分で考えて行動して失敗して学んで次に行く。それをせずにダラダラなんとなく楽しいだけの山歩きは、単純に「面白くないな、物足りないな」って思うようになってきた。たまにはいいけどね。

まずはもっとしっかり山を歩けて登れる体力、気力、財力、知識、技術をあげていかなきゃな、と思った。
素人や初心者相手にドヤ顔してても先は無い。今一度初心者に立ち返って、もっと意識的に山に取り組みたい。その中で素直に写真を撮っていく。

社長からは本当に色々教えてもらってきたし、これからも色々質問攻めして、一緒に山行って学びまくる。そしてそれを自分なりにしっかり租借して、また別の誰かに伝えて行く。


という事で、このブログを近いうちにリニューアルなり一時閉鎖なりすると思いますのであしからず。一度、私個人に立ち返って、個人のブログでも始めようかなと考えております。


2012/11/19

RIPEN

RIPEN、熟練という意味を持つ言葉。この袋はクランポンケース。アライテントというテントメーカーのもの。今年のカタログのしょっぱな見開きページの文章が凄い。
アライテントさん的には多分不本意。本来はこんな事書きたくないはずなんだろうけど、昨今の変なブームやらなんやらでおかしな事になっている状況に対してビシッと言ってくれてます。警笛を鳴らしてくれているんですね。こういうカタログを出せるって本当に素敵。自社の製品への圧倒的な自信と自負、誇りがあるんですね。そして何より山を、山へ行く人を本当に大切にしているんですね。一ユーザーとしてもビシビシ伝わってきます。
カタログ、是非手に取って見てみて下さい。そして道具を買って使ってみて下さい。お願いします。こんなかっこいいカタログ見たのはノースフェースの創業当時のカタログ以来(雑誌で見た程度)かも。アウトドアショップに行けば無料で貰えちゃうからこれまた凄い。カタログでせこく商売しない。圧倒的な完成度のギアで勝負してる感じなんですね。

2012/11/18

集合写真

Untitled by shunsei.M
Untitled, a photo by shunsei.M on Flickr.
谷川行った時の集合写真。春の残雪行った時もそうだけど、谷川って結構色々写る。撮りがいのある場所な気がするのです。八ヶ岳も撮り続けつつ、谷川も。

2012/11/10

11月の嶋田コーヒーのお知らせ

さて、いよいよ冬の到来間近の11月。
またもや開店間近の告知になってしまい、申し訳ありません。
その上、今月はわずか三日間のみの開店と、いや、やる気は、やる気はあるんです。
今月ご用意する豆はブラジル。
そしてこの時点で気付いた、痛恨のスペルミス。
ZじゃなくてSなんですね、ブラジルって。
何か勝手にZのイメージでした、いや、やる気は…、やる気はあるんです!
直してる暇はありませんので、このまま行かせて頂きます。

さて、気を取り直して、今回ご用意するブラジル、
実は三種類あります。
三種類とも品種が違いまして、イエローブルボン、ムンドノーボ、カツアイ。
コーヒー豆にも実は色々品種がありまして、
よく見ると大きさから形から、同じ国でも大分違うんです。勿論味も。

様々な違いをお楽しみ頂ければ幸いです。
おそらく、今年一杯はブラジル推しが自分の中で続きそうなので、
きちんと違いをお届け出来るように頑張りたいと思います。

味の詳細に言及するのはまた後日。
取りあえず来てみてはいかがでしょうか!
10(土)、11(日)、17(土)の三日間のみですが、
皆様のお越しをお待ちしております。
土曜日は8時から18時まで、日曜日は8時から21時までです。

さてここで、先ほどのスペル問題、実はSもZもどちらもあるみたいですね。
ポルトガル語だとS表記みたいです。
ギリギリセーフ。

ではまたっ!


2012/11/03

10月の嶋田コーヒー、が終わりました。

こんばんわ。遅ればせながら、10月の嶋田コーヒー、無事終える事が出来ました。
このDMも折角良い出来だなーと思っていたのに、まさかのお蔵出し的展開。
やはり、今の時代、ウェブに強くないと、いけませんね。

まず、お礼を言わせて下さい。
来てくれた皆様、一緒にイベントをして頂いたキャンドル作家のたかみさん、
鍛冶師の河上さん、お菓子作りのみかこさん、ライブをしてくれたやすひろ、
本当にどうもありがとうございました。
特に、イベント二日目の22日は、自分が誕生日だったこともあり、
物凄い数の人にオメデトウと言われました。
多分20年ぶり以上かと思います、これだけの人に祝われたのは。
いや、嬉しかったです。

何だか今月はコーヒー以外のところでも、とても濃い一ヶ月だったなあと、
思い起こす間も無く11月がやってきてしまい、誠に忙しない。
されど物思う秋、悩むところはしっかり悩んでしまうのでありました。

でもま、良い一ヶ月だった。

イベントが終わってからは、
まあ美味しいものばかり親の敵のように飽食していたような気もしますが、
どちらかと言うと、それを一緒に味わってくれる人たちの存在を、
噛み締めていたのでした。

さて、11月の嶋田コーヒー。
一先ず日程だけ。
今月はちょっと少なく、10(土)、11(日)、17(土)の三日間です。
あと、某イベントで少しだけコーヒーを提供出来る機会がありそうです。
それについては、書けそうならいつか書きます。

使う豆はブラジル。ブラジルオンリー三種類(仮)。
同じ産地で味の違いを、出せたなら!という塩梅です。


11月も楽しそうなことが目白押しで、連絡が遅れてしまうかもしれません、が!
どうぞ宜しく御願いします!


取りあえず明日から、久々にこの松・山倶楽部の初期メンバーで
雲取山にテント泊行ってきます。楽しみだぜ!

それでは、おやすみなさい。












2012/10/28

ピンぼけ。

涸沢にて。ピンぼけ。手前の石にやや合ってるのかな。完全なミス。でも、結構好き。

2012/10/24

山の写真。

Untitled by Jocelyn Catterson
Untitled, a photo by Jocelyn Catterson on Flickr.
こういう、ざらざらした山の写真が好き。こういう写真で雑誌なり本なり写真集を作れないだろうか。
ちなみに僕の写真ではなく、flickrからピックアップした写真です。アメリカ人の写真家。
フィルムで撮ってプリントしてそれをスキャンしてる感じ。ゴミと写ってる感じが最高。

最終出力をゼロックスで山の写真展、、、。ローコストだし。ニヤニヤ。

2012/10/23

山を歩く

Untitled by shunsei.M
Untitled, a photo by shunsei.M on Flickr.
去年の夏、早川尾根を歩いた時の写真。それぞれみんな思い思いに山を歩く。ピークハントを目的とする人、岩登りをしに行く人、より長く遠くへ歩く事を目的とする人、絵を描きに行く人、写真を撮りに行く人、苔を愛してる人、樹に登りたい人、お酒を、コーヒーを美味しく飲めればいい人、ご飯を食べに行く人、キャンプの時間が好きな人、小屋に泊まりに行く人、等等。どれが良くてどれがダメって事は当たり前だけどなくて、それぞれが素敵。山っていう圧倒的なものに抱かれて、その中で各々が自由に過ごす。ただそれだけで尊い。山と人の事。山の人の事。そういう事について写真を撮りながら考えを巡らす。前にも同じような事を書いたような気がする。でもまあいいか。

2012/10/09

稲子岳3






 6月の稲子岳の未公開写真をドバーっと。ん〜、いいですね。とっても。そして下の一枚!我らが社長。これが男の背中です。目に焼き付けて下さい。

※稲子岳1はこちら→http://matsu-yamaclub.blogspot.jp/2012/08/blog-post_2.html
※稲子岳2はこちら→http://matsu-yamaclub.blogspot.jp/2012/09/blog-post.html
※社長はこちら→komodotrek





2012/10/04

さてさて〜

もう10月ですね!
何だか10月は色々あるので、
あまりにも間に合わなくてビックリしてますけど!
とりあえず明日から(今日から)10月の嶋田コーヒー始まります。
今回の開店日は、4、7、14、21、22。
平日は8:00〜18:00
休日は8:00〜21:00
です!
21、22はキャンドル作家たかみさんとの合同イベントもあります。
まあまた詳しくは後日きちんと告知しますね!

今月のテーマは、アジア。
ただ、今月からメインテーマに限らず、気に入った豆は残して行こうかなー
という気持ちも実はあり、
先月のエチオピアなどは引き続き出す予定です。

アジアの豆、色々ありますが今回お出しするのは、
トラジャ、マンデリン、そして…ネパール!
トラジャとマンデリンはインドネシアのお豆さん。
しかしネパール…どんな豆なんだろう。実はまだ届いていないので、
明日初日はお出し出来ないのですが、7日、遅くとも14日には必ずご用意出来るかと。
全く未知の豆なのでどうなるか分かりませんが、お楽しみに!

そんな感じで取り急ぎのご連絡でした!
近々、例によって変な絵のフライヤーが到着するかと思うので、
また改めてこのブログに登場します。
宜しく御願いします!

秋はコーヒーの季節、
セルフドリップでコーヒーとの距離を縮めてみてはいかがでしょう?
皆様のお越しをお待ちしてます!

ソロテント泊。


よく、ソロ山行は危険だ、って批判されがち。確かにリスクは大きい。何かあったら助けを呼ぶのも難しい。でもだからといってやらないでいるって凄い勿体ないと思う。一人で行く事のリスクを最大限に想像し、それに対するリスクマネージメントを最大に想定する。それでも想定外の事は起こりうる。そこでどうするか。圧倒的な自然に対して一騎打ち。逃げる事も必要。自身の身の程を知る。判断の連続。考えながら動き続けなければならない。己の体力を知る。そこで初めて本当に必要な道具も見えてくる。生かされてる事の実感を得るには最高のステージ。街に下りて会いたい仲間、恋人、家族がいる。そんな仲間と共に山で過ごす時間のかけがえのなさ。その事を痛烈に噛み締める事が出来るのもソロテント泊ならではの醍醐味。一方で、テント場で一人でいると、他のソロ山行の人達とのちょっとした会話の中で生まれる、なにかしらの交換行為。目に見えるものの場合もあるし、見えない場合もある。当事者同士にしかわからない何かしら。感謝と敬意。それを通過した上で、山未経験の仲間を山に連れ出す。その時、また何か新たな面白さを知る。相手の体力も未知数の状態で歩きなら把握し適切な判断を下して行く。絶対に自分はバテてはいけない。その緊張感。相手の装備をフォローする覚悟。それを維持する体力気力。

とかなんとか。僕はそういうのを社長とか澤ちゃんの背中を見て学んだ。まだまだ学ぶ側である事が大前提の上で、一方で伝える側にもなりつつある事の実感。

その部分の写真を撮る事をしていくのが僕の仕事なんだろうな。お金を貰う貰わないとは別のところでの、仕事。ライフワーク。なんつって。

おやすみなさい。


2012/10/02

olympus OM-1n






夏にヤフオクで5000円で中古で買った。レンズ付き。早速試写で飯能まで日帰りハイキング。銀塩一眼レフ+50mm+kodak supergold400という、超原点な取り合わせ。学生の頃に何も分からず撮り始めた時と一緒。こうやってあがりを見ると個人的にはとってもいいな、と。どっか凄い場所でも無ければ、超高級機材でも無い。実はそこがとても重要で、普通の機材で普通の場所を撮る。写真になった時になんだかとってもいい具合ってのがいい。写真の事、というかなんというか。山の写真も、一般ルートを一般の人と同じ、あるいはもっと遅いペースで歩いて撮り歩く。機材もシンプルに一般的なカメラ。誰もが行ける場所で誰もが見過ごしてしまうものを、誰もが使える機材ですくいあげる。それが多分、私の仕事。とかなんとか。


2012/10/01

月が出た〜。

でっかい月が出ました。久しぶりにデジカメ出動。ズームで撮ってみました。

2012/09/20

花。八ヶ岳にて。

Untitled by shunsei.M
Untitled, a photo by shunsei.M on Flickr.

のりこと歩いていると、連られて細かいところに視線が行く。一人では持ち得れない視点。感謝。

2012/09/18

2012/09/13

本日より

 

9月の嶋田コーヒー、開店致します。
使う豆はアフリカの三種。
エチオピア、ケニア、ルワンダ、です。

まずはエチオピア。
ジャスミンのような香りと、ナチュラルの豆特有の甘み。
是非味わってみて下さい。

他の2種に関しては、また追々。

今月もセルフドリップやっております。
コーヒーに興味のある方も無い方も、自分で淹れてみませんか?
セルフなら半額の250円で飲めますよ〜
どうぞお気軽にお声がけ下さい!

2012/09/12

嶋田珈琲

嶋田珈琲とは!

松・山倶楽部のタクトが現在木曜日と日曜日、
恵比寿にあるBAR GOLDEN BOYという素敵なお店を借りて営業している
半不定期喫茶店、です。彼が焙煎した豆売りもやっております。

何を今更・・・とか、っていうかヤスヒロ(おれです)の兄じゃん・・・とか、
思った方もいらっしゃると思いますが、
ふと今まで撮り溜めたiPhoneの写真を編集していたら、
一度ここで喫茶店の様子などを紹介記事みたいにまとめてみたいな!
というノリに近い衝動に駆られたので、書かせていただきます!

実際珈琲は美味い!



まずは嶋田珈琲の店主の写真を。

今年で三十路!!!!!
ドドーン!



そしてコチラは恵比寿GOLDEN BOYのオーナーお二方。
ヨーコさんとジュンさん!今は第一線からは退いているものの、
嶋田珈琲に行けばかなり高確率で会えます。
特にヨーコさんはほぼ毎回、時間の許す限り営業を手伝ってくれてる模様。
写真はヨーコさんとジュンさんの最後の営業日の、
ホントの最後の最後に撮らせてもらった写真です。
このお店のおかげでテキーラとラムが本当に大好きになりました!

GOLDEN BOY。
嶋田珈琲以外の通常営業日は現在、後藤幸四郎さんという方が
モルト系ウィスキーを中心に置いたBARとして営業しております。
まだ会ったことがないのでその内飲みたいぜ!ウィスキー!

さて、それではGOLDEN BOY自体の紹介も済んだところで
嶋田珈琲を写真で紹介していきたいと思います。














ジャン。こちらは恐らくタクトがGOLDEN BOYのカウンターに立った
一番最初の時の写真。
この時は嶋田珈琲ではなく
写真家であり、この倶楽部のボスである
松山さんと組んだイベント、松嶋珈琲。

これがGOLDEN BOYで定期的に珈琲をやる
キッカケになったんじゃないかなぁ。と思います。


嶋田珈琲店内の様子。
イイ感じですね。そうそう!
GOLDEN BOYの生ビールも600円で飲めるので、
酒飲みな方は珈琲をひとしきり楽しんで、
酔っ払うのもアリだと思います。
俺は毎回そーしてます。

あと、写真について誤解のないように添えておきますが、
基本的にフード類は今は販売していないはずです。
写っているのは日曜日の営業時間を過ぎてフリーダムな時間に
なって外で買ってきたものです。

日曜日の嶋田珈琲はタクト本人やジュンさんヨーコさん側に
なにかしら予定や事情がない限り、
営業時間過ぎてもやってることが多いと思います。
店主のタクト含めて、お酒を飲んだりなんなりな
楽しくフリーダムな雰囲気になるのでオススメです。
豆が残っていれば珈琲も飲めるしビールも飲めます。
実際毎回楽しくなっている!!!

こんなカンジで!



こちらはセルフドリップの様子。
なんとセルフだと珈琲一杯250円!安い!
こないだ様子を見ていたら、
評判も上々な風でした。
真剣(?)に付き添う店主。







また、嶋田珈琲はしばしば色んな方とコラボレーションもしていて
今月9月もなにやら面白いイベントが待っているようです。
こちらはヨーコさんのお知りあいの方のメキシコ産のアクセサリーや
衣類等を扱っているお店とコラボしたときのもの。ピアス!
ピアスなんてしたことないけど思わず衝動買い!



こちらはアマチュアだけどプロ並の腕を
持っている手品師の小林タクトくん!
素晴らしいマジックショウで
沸かせてくれました!
右手はギターマンの西岡シンペイくん。
彼もすごくかっこいい。

















この日は西岡くんと一緒に演奏!
西岡くんはジョニー&ザ・ジミリー・ディドリーズ
というバンドでギターと歌をやってて、
小林くんはクランキーズというバンドで
ギターと歌をやってます。
二人ともすげーかっこいい!!
こんな感じで音楽や手品やメキシコや、
山や写真やお酒や、ジャンルとか関係なく
面白いコラボレーションやイベントをやっているのも
魅力の一つかな!
それでは、最初の一ヶ月お疲れさま!ってことで撮ったこの写真で
今回のレポートは終了します!

珈琲美味い!楽しい!面白い!!


あ、店主のタクトさん補足やダメだしあれば修正するので
教えてね。