2012/01/22

matu:mountain club@二子山 hakase編

こんばんは。はかせです。

1月8日山倶楽部での二子山ハイキングの様子をアップしましたのでよかったらご覧ください。

http://hakase-miracles.blogspot.com/2012/01/goldenboy.html

その時に山倶楽部の新年会をうちでやろうという話になっていたのですが、
1月開催はちょっと難しそう・・・。
新年会と言わずとも、山倶楽部の会合をうちで開催するのは約束します!

2月にも山倶楽部の登山できるといいですね。

皆さん今年もよろしくお願いします。

2012/01/21

手紙

今日家に帰ると食卓の上に一通の手紙が届いていた。以前の職場の同僚からだった。内容はとりとめもない近況報告だが、もう半年会っていない。彼女は今九州の実家に住んでいる。半年前までは錦糸町に住んでいたが、色々な事が重なり、実家へ帰った。
初めて会ったのはもう2年以上前になるだろうか。職場では目立つ人で、豪快で面白い人だな〜と遠目に見ていたのを覚えている。職場都合である時期から近い距離で仕事を一緒にするようになってからは、時間が空いた時に色々な話をした。何を話したかはもう覚えてないが結構真面目な話をしていた。よく話をするようになってからも相変わらず豪快で面白い人、という印象は変わらなかったが、ある時、彼女の書く字が以外な程に達筆である事に気付き、なんとなしに「手紙とか、書くんですか」と尋ねた。彼女はたまに書くと答えた。
続けて「なんで?」と聞かれたので、「字が上手だったから」と素直に答えた。
そのように言われたのは初めてだと言っていた。それから少し、彼女の印象が変わった気がする。

それから1年半近く一緒に働いた。その間に何度か一緒に山にも行った。
短い時間ではあったが、今までに会った事の無いタイプの人でとても魅力的な人だった。
彼女が九州へ行く事になった時、やはり寂しいと感じたし、八ヶ岳に連れていけなかった事がとても心残りだった。
最後の日に彼女に住所を教えて貰い、文通をしようと約束し、また必ず会う事を約束しサヨナラをした。

彼女が九州へ行った後、風の便りでちょっと大変な状況が続き元気がなくなってると聞いた。一度だけ電話で話す機会があり、少しだけ話したが、確かに一緒に働いていた当時の雰囲気は少し弱くなっているように感じた。電話の最後に「手紙を書く」と伝えると「今は返事を書く元気さえないけど待ってる」と答えてくれた。それから数ヶ月、私自身も生活がドタバタしてしまいなかなか手紙を書けずにいたが、ようやく落ち着いた年明けに年賀状を書いた。
その返事が今日届いた。

彼女の字を見るのは久々だった。鉛筆で書いた手紙を受け取るのは初めてかもしれない。
夏頃に東京に出てくる予定があるから、その時に会おう、と書いてもあった。
出会った時から既に私の何歩も先を行っている、様々な修羅場を乗り越えてきてたような人だったが、さらにまた一歩先へ行ったような気がする。今年の楽しみが一つ増えた。
再会出来るその日まで、私自身もしっかり進んでいかなければいけない。とりあえず返事を書こう。

2012/01/16

matsu:mountain club@二子山 hosico編

三人並んでいい感じ。ちょっと妬けちゃう。

とっても美味しかった♡豆が膨らむのはとってもきれい。

なんか青春、だね。

2012年1月8日(日)
逗子の二子山に行ってきました。
今年初登山、関東で奥多摩以外の登山初、そして初めての松•山倶楽部参加でした。

山の入り口あたりの道は民家の近くで、地元の人もちらほら。木の間から差し込む朝日を浴びながら山を登るのはとっても気持ちが良く、とても清々しい気持ちになりました。
進むにつれて木の密度も増していきました。この山の木は枝が細くて森がもじゃもじゃしていました。

時々はっと心を奪われるような綺麗な木や葉っぱ、景色をみつけカメラに納めようとするけれど、撮ると何か違う。撮るのはやめて心にそっとしまうことにしました。写すことの出来なかった景色は、版画とか絵に出来たら良いな。

山頂でtakuto君のコーヒーと私の作ったパンで休憩。そしてふわふわした場所を発見したのでみんなで飛び跳ねて遊んでみたり。 なんかほっこりした気持ちになりました。

そのあとも鳥の巣箱を見つけたり、耳を澄まして森の音を聞いたり、海で貝殻を拾ったりおしゃべりしたり。楽しかったな。

帰りに恵比寿のバーでyasu君の歌を聴きながら、一日の出来事を思い出し、またほっこりした気持ちになりました。充実していて一日の出来事とは思えないな。

これからもみんなと登りたいなって思いました。いろんな山に行きましょう。
今回一緒に行けなかった方とも早く一緒に行けたら良いなと思います。

美味しいパンやケーキ、持って行けるように特訓しておきます★

今年もよろしくね。









matsu:mountainclub@二子山





2012年1月8日、
先のshunseiの記事にもあるように、逗子の二子山に行ってきました。
今年初の山、そして自身初の低山。
まあ山自体が四回目くらいなのだけど。

低山ということで、
ほんとにハイキングみたいなものを想像していたのですが、
行ってみてびっくり。

思いのほか森が深い。

ついさっきまで住宅街の隣を歩いていたのに、気がつけば森の中。
しかも今まで行った山と違って、木のすぐ近くを歩けるんですよね。
何て言うか、実際の距離というより、感覚的に近い感じなのかな。
まあ自分でもよく分からないのですが、個人的にはこれが凄く嬉しかった。
根元からまっすぐ伸びる植林を見上げた時、やっぱ木って良いわー、と。
まっすぐな植林と、おそらくは自然林であろうぐにゃぐにゃした木が
ごった煮になっている状態を見て、やっぱ木って良いわー、と。

そんな感じで山を満喫し、ちょっと歩いたらもう海。
逗子は面白い。
そして恵比寿のカンロ珈琲イベントまで。
この日は何だか不思議な時間感覚の中にいましたね。

のんびり低山もとても良い。
今年は色んな山に皆で行きたいです。
なるべく美味しい珈琲を用意して、おもてなしをしたいと思います。

というわけで、今年も宜しく!

2012/01/12

2012/01/08 二子山〜森戸川渓谷〜逗子海岸〜恵比寿GOLDEN BOY

今年一発目の倶楽部活動は逗子の二子山〜森戸川渓谷のハイキング&ピクニック。
行動時間自体は3時間程度。休憩をたっぷりとりながら、頂上でTakutoのコーヒーとHoshikoちゃんの手作りケーキを堪能。川沿いを歌ったり写真撮ったりしながらのんびりハイキング。海岸に出て缶ビールで乾杯。オイルサーディンとベーコンをつまむ。海に集まる人々を観察しながら、誕生日に頂いたパーコレーターを使ってみる。Takutoの豆を使うのが若干勿体ない気もしたが、何事もとりあえず試してみましょう、という事で実践。構造上美味しく出すのは難しいが、日が雲にかかり冷え込んできた海岸で熱々の珈琲はそれだけで最高。人と通り飲み食いが終わり、しばし貝拾いに夢中になったりしてみる。拾った貝を戻したりもしてみる。
そして日も暮れ、場所は恵比寿はGOLDEN BOYへ。Yasuhiroの弾き語りとカンロ珈琲。美味い珈琲とかっこいい弾き語りで一日を締めて、、、とそこでGOLDE BOYのヨーコさんから展示の話を頂く。勿論二つ返事で決定。なんと濃密な一日でしょう。

今回参加出来なかったメンバーも多々いますが、出来るだけ定期的に開催したいと思います。企画思いついた人はドンドン連絡くれるなり、ここで企画書的に発表しちゃって下さい!みんなで意見やら希望やら持ち寄って「楽しい山歩き」やっていきましょう。
そして、夏頃には皆で泊まりで八ヶ岳行きましょう!!

あ、ハカセ、兄ちゃん、星子ちゃん、今回のハイキングの写真投稿お願いします!

このようなレポート投稿用にコンデジ一つ買うか、、、。

2012/01/04

2012 その2

あけましておめでとうございます。
昨年は夏に松•山倶楽部を知り、12月24日にみんなに会えてとても嬉しかったです。
山の写真をみながら「あー、この山にもあの山にも登りたい」と思いを募らせています。
1月8日の登山、楽しみでわくわくします。

先日、北海道に帰省していました。今の北海道は最高気温がマイナス3度(0度なら結構暖かい。)でとても寒かったです。でも吹雪の中をザックザック歩いたり、陽の色で変化する雪の色を楽しんだりなかなか良いものでした。 冬の北海道、是非遊びにきてください。

夏の大雪山もなかなか良いので、みなさん遊びにきてくださいね。

ではでは1月8日、お会いしましょう。

2012

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年も皆さんと山で街で、この地球上で、素敵な時間を過ごせる事を願っています。
まだ一緒に山に行けていない未来の友達、仲間と会える事を楽しみにしています。

至らない部分、多々あるかと思いますが、今年もひとつよろしくお願いします。