2014/07/21

久々リラックス山

よいしょー!


このブログに投稿するのはどれくらいぶりでしょうか…。

久々に読み返してみると、山、トレラン、写真、とガチな記事が続く中、
いきなりお気楽記事を載っけるのもどうかと一瞬迷いましたが、まあいっか。


久々に山に登ったので何となく書きます。

しばらくのんびり山に行く事も無くなっていた最近、
企画をしても雨で流れたりで山に登る感覚を忘れかけていたように思います。

今回は同じく久しく登っていないというハカセ、初登山となる(日中は)カンロ珈琲の三人で御嶽へ。

本当はもう少し人数が居たのだけれど、この日もあまり天候には恵まれず、
「山登れなくても澤乃井の利き酒でも行くべ。」という三人が集まったのです。





天候のためか、行きの電車から割と空いており、これはかえって当たりなんじゃないの?
と期待しながら向かいました。
案の定、ケーブルカーまでのバスも座れ、物凄くガスっているものの雨も降ってない。
ハカセの提案で日の出山の方に抜けるのは止め、ロックガーデン経由の短いルートへ変更。
久々の山だ!




深い霧の中、山道へ。涼しくて気持ちがいい。
夏場の低山は暑いから行かない!ということをよく聞きますが、この日は日差しも全く無く、まさに適温。
歩いていて体全体にじんわりと汗をかく心地よさは山ならではだなあといつも思います。
小休止を挟みつつサクサクと進み、早くも下山後のビールと日本酒に想いを馳せるメンバーも…。



霧の深い山中は暗いのですがいつもよりも鬱蒼として見え、
写真に撮ると透明のレイヤーを何枚も重ねたようで不思議な感じでした。
ほとんど開けた景色は見えなかったけど、しっとりしてて満足!


とまあ昼頃には下山し、あとはもえぎの湯で風呂&酒、という王道コースでしたが、
久々に山のリラックス感を味わえました。登山後の日本酒は相変わらず効きますね。
雨にも最後の温泉前後に降られたくらいで、登山中はほとんど雨具も使いませんでした。
実にラッキー。


いやー、やっぱりたまには登りたい。やっぱり山は楽しい!
ハイキングでも良いぜ、実際。

この日は帰って22時半には爆睡。
これまた毎度思いますが、
早起きしてることもあって時間がゆっくり流れているような感覚になります。
こんな早くに寝たの何ヶ月ぶりだろう…。


最近北千住の方に引っ越したので、筑波の山でも散策して、またマイペースに記事を書こうかと思います。


人と山との関わり方も色々あるなあと最近よく考えますが、自分にとっては一先ずこうして、
大事な人たちとゆっくり過ごす場所、というのが今のところ一番しっくり来るかなと。
静かな時間が流れていれば、それでOK。


色々と基本的なことを思い出しながら、小さい規模でも雑にならない登山を心がけつつ。
出来れば人のあまり居ない山を選びつつ…。


それではまた!









2014/02/18

山を走る事。Salomon Running TV Season 3 - Teaser






短いし、言葉全然分かんないけど、なんか感動しました。
映し出されてるものが全て美しく純粋でシンプルに見えます。
今自分が「山を走る」事に気持ちが向いているのは、きっと
こういう海外の「トレイルランニング」のあり方を知った事が非常に大きいです。
日本のトレランシーンだけ見ていたら嫌悪感だけ持っていたと思います。
「登山」というところからスタートした僕ですが、
そもそもは大自然の中でシンプルに生活したい。
ただその事だけを常に思っているだけでした。
しかし、生活となると色々難しいのが実際です。

道具を出来る限り使わず自然を感じ、自身を表現し知る。 
ヨガもそうかもしれないですね。

ここ数年はカメラを持って八ヶ岳を中心に「登山」をいてきました。
その先に行きたい感覚が出て来たが何をどうしたらいいか分からない。

そんな時に転職した先がトレラン色が強い店だったり、
「Born to Run」という本に出会ったりと、流れが自然と「走る」方に向いていたんですね。



今、この世界(山遊び)を知った事で自身として次のステップに入ったな、という感覚が生まれました。


この映像を見たら、なんだか久しぶりに急に色々書きたくなりました。
相変わらずとりとめのない文章ですがあしからず。

一度でいいから一緒に山走ってみたい人、連絡下さい。遊びましょう。